商品情報

TonySame

〇トニーセイムとは?ブランド名の由来とコンセプト

「共感」から生まれるメガネフレーム

「同理心」。中国語で「共感」を意味する言葉です。「共感」を大切にしたい。そう考えるメンバーがアジア各国から集まり、トニーセイムが生まれました。エンドユーザーは何を求めているのか。何か困っていることはないか。ユーザー目線で考え、ニーズを察知する。そしてニーズを満たすだけでなく、ニーズの上を行く提案を目指す。想定していた期待値を越えてこそ、感動や驚き、満足感が生まれると思うから。察知して、その先の提案。繰り返していったなら……メガネはもっともっと楽しく、刺激的で、より興味深いものになる。そう思うのです。瞳理心,TonySame、トニーセイム。ブランド名には、そんな思いが込められています。

 

〇4つの幅                   

つの

          1.デザインの幅

          2.サイズの幅

          3.色の幅

          4.価格の幅

トニーセイムは、「人から買うメガネ」に憧れを持っています。時代は、インスタントな方向に進んでいく。それはそれで、もちろん構わないけれど、そうじゃない部分があっても良いと思うのです。なぜなら、買い物で驚きの発見・想像を超えた満足感を得るシーンでは、人が介在することを、経験的に知っているから。「思いもかけないものを勧められたよ。でも、これが意外と良くてさ。」一人で完結する買い物では、なかなか得難い経験。だから……。お客様の多様なニーズにできる限り応えられる商品を。つまり提案の幅を広げる商品、いえ、提案するのが楽しくてしょうがなくなるような商品を、トニーセイムは目指しています。

 

その1

 お客様は「何かいいものない?」の気持ちでお店を訪れます。ただし「いい」の基準は一人ひとり異なります。その基準に対応するためには、幅広いデザインバリエーションが必要。

一人ひとりの感覚を満たしたい、刺激したい。だからトニーセイムは、これからもデザインの幅を広げていきます。

その2 

 たとえばお顔の大きなお客さま。顔が大きいから仕方ない…なんて思わせたくない。顔の大きさは、優劣ではありません。個性なのです。

「あなたのために作りました!」

胸を張って言えるメガネが、トニーセイムにはあるんです。需要はそれほど多くないかもしれない。けれども効率がすべてと割り切りたくない。

一人ひとりの満足度。メガネが今以上の価値を持つために、大切なことだと思うのです。

 

その3

その4 

 メガネの適正価格。これもやはり、人それぞれです。

トニーセイムは17,000円から65,000円、さらにべっ甲フレームまで含めると、上は420,000円までラインナップ。

しかも!お求めやすい価格のものもかけ心地を左右するパーツは、上級モデルと同等。そこで差別化はしません。高額の商品には、さらなる付加価値をプラスして。

これがトニーセイムの考え方です。

※上記価格は税別の小売希望価格です

 

 


 

IMG_0706

New! 5/31入荷!
エッジーな丸めがねコンビフレーム
写真上 TS10180 C-295 ¥30370
写真下 TS10180 C-276 ¥30370
tony_1tony_3

IMG_0707

TS10101-120

 ¥21,600

 

 

 

IMG_0709

TS10218-080

¥30,240

 

 

 

IMG_0710

 

TS10504-CARP

¥30,240

 

 

IMG_0708

 

 TS10303-002

¥39,960

 

 

 

 

 


 

Return Top